脇の嫌なにおいに救世主

脇の嫌なにおいに救世主

脇汗

私は自分自身では脇のにおいはそこまで強くないと持っています。それは父や妹と比べてそう感じます。というのも、私の父や妹はワキガなのです。それでも、中学生になって部活をはじめてからは、スプレー式の制汗剤を利用してきました。

 

ところが、急に母がスプレー式の制汗剤は気付かないうちに粉を吸い込んでしまって身体に悪いんじゃないかと言い出しました。実際のところは分かりませんが、スプレー式の制汗剤を使うたびに口うるさく言われるので使わなくなってしまいました。

 

大学生になってからは香水をつけるようになったので、脇に対して何もしなくなっていたのですが、汗をかいた日には家に帰ってシャワーを浴びる前ににおうと、嫌なにおいがすることがあり、少し気になっていました。

 

そんな時に、妹がおすすめの商品があると紹介されたので、さっそく使ってみました。それは香りはついていないスティックタイプのもので、かなり売れている商品のようでした。

 

香りがついていない制汗剤を使うのは初めてだったので半信半疑でしたが、実際に使ってみると、朝つけて夜まで全然脇のにおいが気になりませんでした。急に現れた救世主は、今ではなくてはならない存在になっています。

 

脇汗とそれに伴う匂いへの対策について

脇汗について最も気になるのは、出る汗の量や衣服の汗ジミよりも、脇汗特有の匂いだと思います。中でも自身の経験上、脇の下から直接出てくる匂いよりも、脇汗を吸収した衣服から出る匂いの方がきつく感じられます。

 

脇の下から匂いが出る場合は、タオルや汗ふきシートで汗を拭く、制汗スプレーを使用する、もしくは予防的に使用しておく事で汗の量や匂いを抑える事もできるかと思います。

 

しかし、脇汗を吸収した衣服に対しては対策が難しく、また、汗ジミが乾いてくるにつれて更に匂いがきつくなる様にも感じ、非常に気になります。そこで私は、汗をかきやすい夏場には極力ノースリーブの上着を選ぶ様にしています。

 

しかし、匂いの気になる脇汗は暑い時期のみのものではなく、秋から冬にかけての厚着をする様な時期にも、室温の変化などで脇汗をかく場面は非常に多く、また、重ね着をしている為に脇汗で湿った衣服が乾きにくかったり、長時間匂いがついたままで重ね着をしていると、アウターにまで匂いがうつってしまう様に感じます。

 

そこで、季節を問わずに袖のある衣服を着る際に利用しているものが、衣服の内側に貼り付けて直接脇汗を吸収してくれるパットです。

 

もちろん、脇の下にも直接制汗スプレーなどで事前に対策は行っていますが、パット自体に消臭効果があるものを使用しているためか、脇汗を吸収したパットからはほとんど匂いを感じません。

 

ただ、パットの接着面をしっかりと衣服に密着させておかなければ、腕を動かしている間にパットが剥がれて、よれてしまうため、装着時に注意が必要かと思います。

 

TOPページに戻る


このページの先頭へ戻る